監視カメラ,ホームセキュリティー 防犯グッズ,防犯対策

ストーカーなどのトラブル

気になるニュースがありました。
宮城県で起きた事件ですが、恋人からDVを受けていた南部沙耶さんは警察に何度も相談していたそうです。一時はDVの避難施設にまで入っていたそうですが、この問題の少年に対しては何らかの罰則などはなかったのでしょうかね?
沙耶さんとこの少年のトラブルのせいで家族や知人が巻きこまれて命を落とす事にまでなってしまって、残った沙耶さんもさぞつらいだろうなと思います。
DVやストーカー問題の延長にこうした事件がある可能性はあるので、警察だけではなく法律としてもう少し何とかならないものかなぁ?と思ってしまいます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000067-jij-soci
宮城県石巻市の南部かつみさん(46)宅で起きた3人殺傷事件で、当時交際していた少年(18)=未成年者略取容疑などで逮捕=による暴力に悩んだ次女沙耶さん(18)が昨年2月、仙台市内の配偶者等暴力(DV)避難施設に入所していたことが12日、捜査関係者の話で分かった。県警石巻署捜査本部は、暴力がその後もエスカレートして交際トラブルになり、事件に発展したとみており、同日午前、少年らを送検した。刺殺された長女美沙さん(20)ら2人の傷は複数あり、中にはかなり深いものがあったことも同日、捜査本部の調べで判明した。捜査関係者や少年の知人の話などによると、2人は2008年夏から交際を始めたが、少年が次第に暴力を振るうようになった。悩んだ沙耶さんは昨年2月、仙台市内のDV避難施設に入ったが、仲直りしたとしてすぐに退所したという。しかし、暴力はその後も続き、沙耶さん側は同月から今年2月にかけ、石巻署に計12回相談。同署は昨年2月と今年1月、口頭で少年に警告していた。事件当日の10日には、沙耶さんは同署に被害届を出す予定だった。県警側は一連の対応について「不適切なところはなかった」としている。美沙さんのバイト先の女性店長(26)は、美沙さんから「妹が交際相手の少年に、たばこの火を押し付けられるなどの暴力を受けている」と相談されていた。暴力は特に昨年10月ごろから激しくなったという。 
posted by 防犯グッズ at 15:52 | Comment(0) | 防犯対策が必要なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。